スマートフォン用の表示で見る

武蔵丘陵森林公園

地理

武蔵丘陵森林公園

むさしきゅうりょうしんりんこうえ

埼玉県比企郡滑川町を中心とした比企丘陵に広がる国営公園

昭和49年7月22日に全国初の国営公園として開園し、全国の「森林公園」の代名詞的存在となっている。

園内を1周するバス(有料)が運行されているほか、レンタサイクルの貸出(有料)も行われており、園内を1周する自転車道も整備されている。レンタサイクル森林公園の各ゲートのほか、森林公園駅前でも借りる事が可能で、森林公園駅から森林公園南口まで遊歩道と自転車道が整備されている。

交通

東武東上線森林公園駅から川越観光バス森林公園南口」ゆき5分

関越自動車道東松山ICから森林公園方面へ15分

※南口・中央口・西口・北口の各ゲートがあり、各ゲートに有料駐車場も用意されているが、メインゲートとなる南口が一番駐車場が大きい。一方、西口・北口は利用者が少ないため駐車場も狭いので注意が必要である。