スマートフォン用の表示で見る

武蔵小杉駅

地理

武蔵小杉駅

むさしこすぎえき

武蔵小杉駅 JR東日本・東京急行電鉄

神奈川県川崎市中原区小杉町1丁目・3丁目に存在する、JR東日本東京急行電鉄東急電鉄)の駅。

駅名に旧国名武蔵」を伴うのは、北陸本線小杉駅との区別のためである。

2010年3月13日から横須賀線湘南新宿ラインが乗り入れる。(以下のデータは2010年3月13日以後のもの)

東急電鉄の駅番号は、東横線が「TY11」、目黒線が「MG11」である。

JR南武線・横須賀線・湘南新宿ライン「武蔵小杉駅」

南武線の前身である南武鉄道1927年11月1日、現在の武蔵小杉駅の位置にグラウンド前駅、そこから0.4km立川方(府中街道交点)に武蔵小杉駅を同時に開業させた。グラウンド前という駅名は、駅北側に第一生命のグラウンドがあったことに由来する。

1944年4月1日に南武鉄道が国有化されると同時にグラウンド前駅が武蔵小杉駅に改称され、旧武蔵小杉駅は廃止された。

>> 路線案内 JR東日本 <<

南武線

横須賀線[一部、総武線(快速)成田線外房線内房線と直通運転]

   外房線直通(千葉経由)…(至・蘇我駅 大網駅 茂原駅 上総一ノ宮駅

   内房線直通(千葉経由)…(至・五井駅 木更津駅 君津駅 上総湊駅 館山駅

   総武本線直通(千葉経由)…(至・佐倉駅 成東駅

   成田線直通(千葉経由)…(至・佐倉駅 成田駅 成田空港駅 佐原駅

湘南新宿ライン(横須賀線・宇都宮線直通)
*1

   宇都宮線直通(大宮以遠)…(至・小山駅 小金井駅 宇都宮駅 黒磯駅 )

   横須賀線直通(横浜以遠)…(至・逗子駅 鎌倉駅 大船駅 )

高崎線・湘南新宿ライン(東海道線・高崎線直通)
*2

   東海道線直通(横浜以遠)…(至・熱海駅 小田原駅 国府津駅 藤沢駅 大船駅 )

   高崎線 両毛線直通(大宮以遠)…(至・上尾駅 熊谷駅 籠原駅 高崎駅 新前橋駅 前橋駅

NEX成田エクスプレス

東急東横線「武蔵小杉駅」

特急通勤特急急行各駅停車が停車。

東横線の開業は1926年であるが、東横線武蔵小杉駅の開業は1945年6月16日である。

それ以前は南武線武蔵小杉駅(グラウンド前駅)との乗り換えは、新丸子駅(1926年開設)または工業都市駅(現駅南側の府中街道との交点に1939年開設、1953年廃止)によっていた。

南武線沿線から山手線沿線へ向かう場合、横須賀線湘南新宿ラインの開通前はJRだけで行くより、この駅から渋谷まで東横線を利用するのが便利な場合があった。

そのため、南武線の一部の駅と山手線内各駅の間では、東横線経由の通過連絡乗車券中間に連絡会社線を挟む形式の連絡乗車券JRの運賃は前後のJR営業キロを通算して計算される)が発売されていた。

東横線特急停車駅のなかで唯一優等列車各駅停車との連絡が行われない(東横線のホームが上下ひとつずつしかない)ため、元住吉駅新丸子駅で降りる人にとっては若干不便か。

>> 路線案内 東急電鉄 <<

東横線

  東京メトロ副都心線直通 (渋谷以遠)…(至・明治神宮前駅 新宿三丁目駅 東新宿駅 池袋駅 小竹向原駅 和光市駅

   東武東上線直通(和光市以遠)…(至・志木駅 川越駅 川越市駅 森林公園駅 )

   西武池袋線直通(小竹向原分岐・西武有楽町線経由)…(至・練馬駅 石神井公園駅 清瀬駅 所沢駅 小手指駅 飯能駅 )

東急目黒線「武蔵小杉駅」

2000年8月6日、東横線田園調布駅武蔵小杉駅間の複々線が開業。従来の東横線の列車は外側線を走行し、内側線には旧目蒲線目黒方面に直通する目黒線の列車が走ることになった。

2000年9月26日からは目黒線営団地下鉄南北線都営三田線との直通運転を開始したため、現在は浦和美園駅埼玉高速鉄道)や西高島平駅都営三田線)から武蔵小杉駅行の列車が運転されている。

2006年9月25日からは急行運転を開始。2008年6月22日に日吉駅まで延伸した。

>> 路線案内 東急電鉄 <<

目黒線

   都営三田線直通(目黒以遠)…(至・白金高輪駅(I03) 大手町駅(I09) 巣鴨駅(I15) 西高島平駅(I27) )

   東京メトロ南北線直通(目黒以遠)…(至・白金高輪駅(N03) 市ケ谷駅(N09) 駒込駅(N14) 赤羽岩淵駅(N19) )

   埼玉高速鉄道直通(東京メトロ南北線経由)…(至・鳩ヶ谷駅 浦和美園駅 )


○ リスト:駅キーワード
○ リスト:駅つきキーワード

*1:時刻表では大船⇔新宿⇔大宮が湘南新宿ラインという事になっている

*2:時刻表では大船⇔新宿⇔大宮が湘南新宿ラインという事になっている

武蔵小杉駅
目次