武村知子

読書

武村知子

たけむらともこ

ドイツ文学者一橋大学教授。1963年11月生まれ。卒業大学不詳。1998年東京大学大学院ドイツ文学科博士課程満期退学。2000年一橋大学言語社会研究科助教授。07年准教授、09年教授。専攻は一四世紀神秘神学者マイスターエックハルト、および表現主義を経て現代に至るその系譜。ブリクサ・バーゲルトによるパフォーマンス“記憶の執行”95年日本公演にテクスト作成スタッフとして参加。また、ノイバウテンのアルバム“タブラ・ラサ”“エンデ・ノイ”日本盤歌詞対訳を担当。

著書

翻訳