スマートフォン用の表示で見る

武田一浩

スポーツ

武田一浩

たけだかずひろ

プロ野球選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は15→4→17→18→17番。

1965年6月22日生まれ。東京都出身。

明治大学中野高校から明治大学に進学。

1986年、3年次で東京六大学野球7連勝を記録。大学通算20勝。

1988年、ドラフト1位で日本ハム・ファイターズに入団。

2年目の1990年クローザーとして定着。

同年4月28日から6月15日にかけて、12試合連続セーブを記録。

1995年、イースタンリーグ最優秀防御率となる。


1996年、下柳剛安田秀之との2対2の交換トレードで、松田慎司と共に福岡ダイエーホークスに移籍。

移籍後は先発ローテンションの一角を担う。

1999年、FA宣言をして権利行使し、中日ドラゴンズに移籍。

先発投手としてリーグ優勝に貢献した。

2002年、読売ジャイアンツに移籍。には全球団から勝ち星獲得を達成。

同年、現役引退。


現在は野球解説者の側ら、マスターズリーグ福岡ドンタクズの選手として活躍。


2006年、ワールド・ベースボール・クラシック日本代表投手コーチに就任。