スマートフォン用の表示で見る

武田観柳斎

一般

武田観柳斎

たけだかんりゅうさい

新選組五番隊隊長。生年不明、慶応3年(1867)6月22日死去。

出雲国母里(島根県能義郡)出身。

出雲母里藩の医者であった武田は、甲州兵法に通じた兵学者であり、新選組軍師

として羽振りを利かしていた時期もあった。しかし弁舌巧みなところがあり、

同じ隊士の中には嫌っていた者も多かったらしい。

やがて隊の中で自分の存在価値がなくなってきたと気づくと、すでに分離していた

伊東甲子太郎の方へ身を寄せようとする。しかしその伊東甲子太郎に拒絶され、薩摩藩

取り入ろうと奔走。これを知った近藤・土方は、竹田街道銭取橋で斎藤らに斬殺させた。