スマートフォン用の表示で見る

武田五一

アート

武田五一

たけだごいち

武田五一(1872-1938)は広島県生まれの日本の建築家東京帝国大学卒業後、同大学助教授などを経て、京都帝国大学建築学科を設立する。関西建築界の立役者の一人。現在まで続く雑誌『新建築』創刊にもかかわる。アールヌーボーなどの新しい建築を日本に紹介する一方、フランク・ロイド・ライトを日本に手引きするなどその活動も闊達であった。新しい建築だけでなく、古建築の修景にも深くかかわる。