スマートフォン用の表示で見る

武田幸三

スポーツ

武田幸三

たけだこうぞう

俳優。元キックボクサー、伝説のムエタイ王者。立ち技最強、500年の歴史を誇る泰国の国技ムエタイ史上わずか4人しか存在しない外国人王者

出身地
日本東京都
生年月日
1972年12月27日
身長・体重
173cm, 74kg
所属
新日本キックボクシング協会治政館
通称
超合筋体脂肪4%の研ぎすまされた身体からきている
主なタイトル
新日本キックボクシング日本ウェルター級王者、泰国ラジャダムナンスタジアムウェルター級王者
戦績
52戦36勝11敗5分(28KO)
得意技
ローキック、右ストレート

経歴

1993年治政館に入門。

1995年5月、全日本新空手道選手権優勝。

1995年3月、新日本キックボクシング協会キックボクサーとしてプロデビュー。

1997年1月、新日本キックボクシング日本ウェルター級王者となる。

1999年11月、ラジャダムナン遠征でムエタイランカー、ヨンサック・ガンワーンプライにKO勝ち。

2000年5月、後楽園ホールで日本人として22年ぶりにムエタイ王座挑戦を果たすが惜しくもドロー。

2001年1月、泰国ラジャダムナンスタジアムウェルター級王者、チャラームダム・シットラットラガーンを2R KOで破りムエタイ世界チャンピオンに。

2003年3月、K-1 WORLD MAX 2003〜日本代表決定トーナメント〜 準優勝。

2003年7月、K-1 WORLD MAX 2003〜世界一決定トーナメント〜 出場。

2004年1月 4カ月ぶりの復帰戦をローキック5発、わずか25秒の秒殺KOで飾る。

2004年2月 K-1 WORLD MAX 2004〜日本代表決定トーナメント〜3位。死闘を繰り広げその実力と人気を見せつけた

リスト::格闘家