スマートフォン用の表示で見る

武藤遊戯

マンガ

武藤遊戯

むとうゆうぎ

週間少年ジャンプで連載されていた漫画「遊☆戯☆王」の主人公。CV.緒方恵美テレビ朝日版)、風間俊介ジャニーズJr.>(テレビ東京版)。

誕生日:6月4日(双子座)の高校2年生(ガイドブック記載)

身長:153cm 体重:42kg 血液型:AB型

好きな食べ物:ハンバーガー 嫌いな食べ物:らっきょ

気弱でおとなしい性質だったせいか、不良たちに絡まれることもしばしばだったゲーム好きの少年・遊戯が、8年の歳月をかけて「千年パズル」を組み上げ、それに封印されていた<もうひとりの遊戯>(闇遊戯=アテム)を内に宿すことになったことから物語は始まる。

当初は自身の中の得体の知れない人格に怯えることもあったが、認め合うことで互いと会話を交わせるようになり、「相棒」「もうひとりのボク」と呼び合う程の仲になる。また、「千年パズル」を通して城之内克也や本田ヒロトなどのかけがえのない友人を得、遊戯自身も数々の障害を乗り越えて強くなってゆく。

失われた記憶を求める闇遊戯と共に戦い、そして最後には彼の剣を折る役目を負い、見事に彼を倒して冥界へと還るその背を見送ることとなった。


アニメ遊戯王デュエルモンスターズGX』では第1話に登場。主人公・遊城十代にハネクリボーのカードを託す。


闇遊戯(アテム)

武藤遊戯が千年パズルを完成させたことでその心に宿った人格。後に古代エジプト第18王朝ファラオ・アテムであることが判明する。

当初は遊戯の意識しないところで悪に対する罰ゲームを行っていたが、遊戯と心を通わせることでその回数も減り、又、物語がカードゲームメインになってからはかなりの正義漢となる。

何事にも屈しない強い心、類い稀なる強運とゲームセンスを持ち、バトルシティ編にて3枚の神のカードと7つの千年アイテムを、ファラオの記憶編では自身の名前と記憶を求めて戦うこととなる。

記憶を取り戻した後、遊戯との決闘(戦いの儀)に敗退し剣を置き、冥界へと還っていった。

「闇遊戯」は便宜上の呼び名で、作中では使われていない。



アニメ版では「ドロー!モンスターカード!」「覚悟しろよ!この虫野郎!」「HA☆NA☆SE!」など、名言あり。