武部本一郎

読書

武部本一郎

たけべもといちろう

挿絵画家、イラストレーター。エロテックなSF、ファンタジー画で知られる。E・R・バローズ「火星シリーズ」の表紙画が代表作。

生涯に手がけた作品は絵本、挿画、SFなど、ほぼ千点を越える。


大正3年(1914)4月24日、大阪船場に生まれる。父・武部白鳳は、幸野楳嶺?門下の四条派?の画家。

昭和7年(1932)甲陽中学卒業。はじめ日本画を、後に洋画を学ぶ。

軍隊生活の後、昭和21年(1946)9月、第1回行動美術展?へ作品「裏町」を出品し、初入選。以後、数多くの賞を受賞。

昭和32年(1957)上京、児童美術の仕事を始める。確かな写実と奔放なイマジネーションにより、挿画、挿絵、絵本など、児童出版美術界の第一線で活躍した。

また、昭和40年(1965)ごろから、SFアートを手がけ、この分野でも第一人者となる。

昭和55年(1980)7月17日、東大病院にて死去。


主な作品(児童書)

ビルマの竪琴」(あかね書房 1959)

宝島」(学習研究社 1968)

「かわいそうなゾウ」(絵本 金の星社 1977)

「ガラスのうさぎ」(金の星社 1977)


主な作品(SF)

バローズ「火星シリーズ」(東京創元社 1965)

ハワード「コナン・シリーズ」(早川書房 1971)

ベリヤーエフ「生きている首」(岩崎書店 1971)