部活サッカー

スポーツ

部活サッカー

ぶかつさっかー

部活としてのサッカー

またはサッカーにおける全員守備と運動量をベースにした戦略論。

FC東京(当時)の大熊清監督が提唱。当時大熊監督が東京ガス社員だった事からこう名づけられた。

チームをJ1リーグ昇格に導き、J1初戦の横浜F・マリノス戦では中村俊輔(現・セルティック)に「あんな部活サッカーに負けるわけない」と罵られながらも快勝した。