スマートフォン用の表示で見る

封印再度

読書

封印再度

ふういんさいど

ミステリィ作家・森博嗣の著作。S&Mシリーズ5作目。1997年発表。副題は“WHO INSIDE”。

 岐阜県恵那市の旧家、香山家には代々伝わる家宝があった。その名は、「天地の瓢」と「無我の厘」。

「無我の厘」には鍵がかけられており、「天地の瓢」には鍵が入っている。ただし、鍵は「瓢」の口よりも大きく、取り出すことが出来ないのだ。五十年前の香山家の当主は、鍵を「瓢」の中に入れ、息子に残して、自殺したという。果たして、「厘」を開けることが出来るのか?

 興味をもって香山家を訪れた西之園萌絵だが、そこにはさらに不思議な事件が待ち受けていた!

封印再度 (講談社ノベルス) 封印再度 (講談社文庫)