風のような物語

読書

風のような物語

かぜのようなものがたり

星野道夫の著作。1991年小学館より刊行(ISBN:4096805815)。98年、文庫化。2001年、大活字文庫にも収録。

アラスカの海の恐ろしさは、アメリカ大都会の裏通りを歩くときの恐怖とは性格がまったく違うものだ。そういう怖さをはっきりと承知しながら星野さんはアラスカの自然や動物と付き合っていた。彼の事故は残された人々には悲劇であるが、彼自身にとっては自然に歩んでいった道なのかもしれない。その歩いた跡にたくさんの感動の写真と文章を残して彼は消えた。『風のような物語』はそういう物語である。絶筆原稿を特別収録。

アラスカ 風のような物語 (小学館文庫)

アラスカ風のような物語 (1) (大活字文庫 (23)) アラスカ風のような物語 (2) (大活字文庫 (23))