風丸良彦

読書

風丸良彦

かぜまるよしひこ

文芸評論家。1958年、東京都新宿区に生まれる。

上智大学外国語学部卒業。文芸評論家。現在、盛岡大学文学部英語文化学科准教授東海大学文学部文芸創作学科非常勤講師。専門は現代アメリカ文学

著書:『カーヴァーが死んだことなんてだあれも知らなかった―極小主義者たちの午後』(講談社。1992。表題作で第33回群像新人文学賞「評論部門」優秀賞受賞)ほか。