風見鶏

キーワードの候補

2件

テレビ

風見鶏

かざみどり

主な説明

熊野灘を面する和歌山県・太地と兵庫県神戸市を舞台にパン職人を目指すヒロイン・ぎんが大正時代に当時では珍しい国際結婚をして、ハーフの夫の店を支えながら、自立した女性を描いた朝ドラではこの当時異色の作品である。主役は新井春美で活発な女性を見事に演じたほか、夫役の蟇目良?を認知されるきっかけにもなった。ちなみに、神戸が舞台の朝ドラはこれが初めてでもある。

アート

風見鶏

かざみどり

神戸の建物のてっぺんにあるにわとりを形をした風向計。風が吹き方によってとその風見鶏も風向きが変わることになる。

ちなみに、この「風向きが変わるとすぐ別の方向(態度)を変わる」は、政治家中曽根康弘のことを指す言葉。中曽根は、自民党の反主流派の立場を取りながらいきなり主流派の味方になることでこの言葉を揶揄的に使われた。