スマートフォン用の表示で見る

風車の弥七

テレビ

風車の弥七

かざぐるまのやしち

TV時代劇『水戸黄門』に登場するキャラクター。

演じたのは、故・中谷一郎氏。

忍者で義賊、赤い風車がトレードマークで、優れた諜報能力と戦闘力を活かして、黄門様一行の旅を陰で支え続けた。

普段は、女房・霞のお新と共に江戸でそば処「田毎庵」を営む。

昭和44年8月スタートの第1話から、平成11年の第27部まで登場。

2003年12月15日放送の『水戸黄門1000回記念3時間スペシャル』ではフィルム出演だが、画面に登場している。

なお弥七には、松之草村小八兵衛という実在の人物がモデルとして存在する。小八兵衛は実際に水戸光圀に仕えていた忍者であり、水戸藩の藩政安定の為に尽力したと言われている。弥七の妻の名「お新」は、この小八兵衛の妻の名から取られている。