スマートフォン用の表示で見る

風樹茂

読書

風樹茂

かざきしげる

作家。北海道旭川市生まれ。獅子座東京外国語大学スペイン語学科卒業。在学中にメキシコ公費留学。 卒業後、中南米専門商社を経て、アマゾンでの鉄道復旧工事に従事。その後、南米全域、欧州アジアを放浪。帰国後、首相向け政策提言の作成などに従事。また、投資・援助のコンサルタントとして中南米中東インド中国東南アジア、南太平洋諸島で現地調査。これまで世界30カ国を踏査。研究所退職後、作家に転進。著書に『ラテンの秘伝書』(東洋経済新報)『リストラ起業家物語』(角川新書)、 『ホームレス入門』(角川文庫)、『ホームレス人生講座』(中央公論新社)など多数。2010年末ベネズエラより帰国。現在、原発問題を取材。「怒れ足立区荒川区!」(新潮45 6月号)で掲載中。青春恋愛小説『愛!フクシマ黙示録』を執筆している。

『やっぱりラテンだぜ』公式サイトは以下

 http://d.hatena.ne.jp/latinos/