風疹

サイエンス

風疹

ふうしん

rubella

三日ばしかとも。


風疹ウイルスによって引き起こされる疾患。くしゃみなどで空気感染する。

日本では数年周期で流行し、春から夏にかけてが流行のピークとなる。小学生の患者が多い。

妊娠初期の妊婦感染すると、風疹ウイルス胎児に及んで先天的異常をもたらす、先天的風疹症候群CRS)を高い確率で引き起こす。

症状

2〜3週間の潜伏期間の後、発疹が顔にあらわれ、全身に広がる。同時に37~38℃程度の熱が出る。これらの症状は数日のうちになくなり、発疹は跡を残さない。

首や耳の後ろにリンパ腫脹ができるのが特徴。関節炎、急性脳炎などの合併症があらわれる場合もある。一度感染すると大部分の人は生涯風疹感染することはない。

先述のとおり、妊娠初期の妊婦感染により先天的風疹症候群が高確率で発生する。

治療

麻疹ウイルス自体に効く薬はなく、症状に応じた対処療法をとることとなる。

予防

弱毒化した種ウイルスを用いた風疹ワクチンによって予防をする。日本では麻疹風疹混合ワクチンが用いられている。

風疹ワクチン接種制度の変遷

  • 1977年、女子中学生を対象に接種開始
  • 1995年、接種対象が生後12か月から90か月未満の年齢の男女小児および中学生男女に変更
  • 2006年、麻疹とともに2回接種制度が導入され、1歳児(第1期)と小学校入学前1年間の幼児(第2期)に原則として、麻疹風疹混合(MR)ワクチンが接種されるようになる
  • 2008年度〜2012年度までの5年間、第1期、第2期に加えて、中学1年生(第3期)、高校3年生相当年齢の者(第4期)に定期接種として2回目の麻疹風疹混合ワクチンを公費負担で接種