スマートフォン用の表示で見る

風水

一般

風水

ふうすい
  1. 基本は「陽宅」と「陰宅」。前者が「家相」で後者が「墓相」。「龍・穴・砂・水・坐向」を中心に診る。これは「尾根山並、谷・扇状地、立屏風状の壁山、水脈形状、拠点選択」のことである。
  2. 風水から派生したものとして、羅経盤、魯般尺、八卦鏡、獣頭牌、門神、石敢当、霊符、吉祥図などの道具・アイテムがある。
  3. Dr.コパなどは、上記の風水の伝統とはまったく関係なく、独自の解釈を風水とネーミングして初心者向けに説明した本を大量に刊行している。