服部公太

スポーツ

服部公太

はっとりこうた

サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはミッドフィルダー(左サイドハーフ)、ディフェンダー(左サイドバック)。

1977年11月22日生まれ。血液型O型。千葉県出身。身長175cm、体重70kg。


「鉄人」の異名を持つ。

渋谷幕張高校卒業後、1996年にサンフレッチェ広島に加入。故エディ・トムソン監督時代の1998シーズンにレギュラーポジションを掴み、以後12シーズンに渡って不動の左サイドハーフとして君臨している。

スピードはさほどないものの、タイミングのよい動き出しと巧みなポジションどりで相手の裏を取る。左足の技術に高いものを持ち、森崎浩司が台頭する2001シーズンまでコーナーキックフリーキックのキッカーを務めていた。

2002年11月以来続く、連続試合フルタイム出場のJリーグ記録*1を持つ*2

チームがJ2に降格した2003シーズンはフィールドプレーヤーながら44試合フル出場という快挙を成し遂げている。

2005年9月25日、前人未到のリーグ100試合連続フル出場を達成。記録は2007年10月6日ジュビロ磐田戦まで続き通算171試合連続フル出場達成。

2012年、16年間を過ごした広島からファジアーノ岡山に完全移籍。同シーズン終了後、現役引退、指導者に転身した。

*1:GKを除く

*2:ただし、Jリーグは同一リーグ内の記録しか認めていないため、J1とJ2にまたがる記録は参考記録扱い。