服部龍生

音楽

服部龍生

はっとりりゅうせい

1970年生まれ。京都在住。

15才からベースを始める。京都美術大学を中退後、自身のバンドを始め作詞作曲を始める。23才でバンド活動を終了しそれ以降、音楽活動は一切なく再びベースを持ち始めたのは30才の終わり、まったく違ったソロのスタイルで演奏を始める。ソロ楽器としては成り立ちにくい楽器(ベース)ながらも6弦ベースとループマシーンを使いエレキベースの可能性を追求、コンピューターは一切使わず、ステージもベースノートのみでプレイし続けている。

2012年よりカホン奏者の大久保宙とVientoazulというベースとカホンDUOユニット本活的に始動。