福岡一家殺害事件

社会

福岡一家殺害事件

ふくおかいっかさつがいじけん

2003年6月、福岡市の衣料品販売業、松本真一郎さん一家四人が殺害された事件。

犯人は当時留学生であった中国人三名であり、強盗目的で押し入り、一家もろとも首を絞めるなど窒息死させるという方法で殺害し、さらにその遺体を博多湾に投げ入れた。

元専門学校生の魏巍は日本国内で逮捕され、元私立大留学生の楊寧と元日本語学校生の王亮は中国に逃亡したがやはり逮捕された。