スマートフォン用の表示で見る

福岡国際マラソン

スポーツ

福岡国際マラソン

ふくおかこくさいまらそん

福岡国際マラソン選手権大会は、毎年12月の第1日曜日に福岡県福岡市で行われる男子フルマラソン大会。

コースは平和台陸上競技場を発着点とし、大濠公園福岡市西南部周回→香椎折り返しとする42.195km。

東京マラソンびわ湖毎日マラソンとともに、夏季オリンピック世界陸上競技選手権大会アジア競技大会の男子マラソン代表の選考を兼ねて実施されている。

主催は日本陸上競技連盟朝日新聞社テレビ朝日九州朝日放送

主管は福岡陸上競技協会。

テレビは九州朝日放送KBC)発、テレビ朝日系列*1全国ネット

また、ラジオも同じくKBC発、NRN系列で全国ネットされる。

沿革

1947年、金栗賞『朝日マラソン』として金栗四三の地元、熊本市で開催されたのを第1回大会とする。

1948年〜1954年、第2回〜第8回大会までは開催地を毎年変えていた。

1955年、第9回大会から『朝日国際マラソン』と名称を変更。

1957年、第11回大会以降、開催地が福岡市に固定。

1966年、第20回大会から“Open Marathon Championship”として「選手権」を名乗る国内唯一の国際レースに変更された。

1974年、第28回大会より福岡の名前を冠して福岡国際マラソン選手権大会となり現在に至る。

1985年、第39回より海の中道の部分がカットされ、市の南西部の市街地を周回するコースに変更された。

1991年、第45回からコースが和白丘折り返しから香椎折り返しになり、海沿いの部分が短縮され好記録の出やすいコースに変更された。

2011年、第65回から、国際陸上競技連盟による格付けで最高位となる「ゴールド」となった。

大会記録

2時間05分18秒(第63回大会:2009年12月6日)ツェガエ・ケベデ (エチオピア)

*1:同系列局の無い地域の多くでも、既存の他系列のテレビ局で同時中継されるため、一部を除きほぼ全国で視聴可能。