七隈線 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

福岡市地下鉄七隈線

ふくおかしちかてつななくません

福岡市交通局が運行する地下鉄路線。

2005年2月3日開業。天神南橋本間、12.0km。

多くの駅で西鉄バスの路線と接続している。車庫は橋本車両基地

なお、天神南駅から博多駅までの延伸工事が2014年2月に着工し、2020年度の開業を目指している。

駅・接続路線

駅番号駅名よみ
“えき”は略
接続路線
N01橋本駅はしもと
N02次郎丸駅じろうまる
N03賀茂駅かも
N04野芥駅のけ
N05梅林駅うめばやし
N06福大前駅ふくだいまえ
N07七隈駅ななくま
N08金山駅かなやま
N09茶山駅ちゃやま
N10別府駅べふ
N11六本松駅ろっぽんまつ
N12桜坂駅さくらざか
N13薬院大通駅やくいんおおどおり
N14薬院駅やくいん
N15渡辺通駅わたなべどおり
N16天神南駅てんじんみなみ福岡市地下鉄空港線(天神駅)
西日本鉄道
天神大牟田線(西鉄福岡(天神)駅)

延伸事業

経緯

七隈線については、西南部地域の交通渋滞を緩和し、効率的で利便性の高い公共交通体系の確立を図るとともに、均衡あるまちづくりを推進することを目的としているが、都心部でのネットワークが不十分なこともあり、その機能を十分に果たすまでには至ってない。

そこで、七隈線都心部区間について総合的な調査・検討を行い、1991年度までに決定していた「天神南駅〜ウォーターフロント(WF)」ルート、「薬院駅〜博多駅」ルートの2ルートに、2012年度から「天神南駅〜博多駅」ルートを加え、ルート毎の「建設費」と「需要予測」に基づいた「事業採算性」、地下鉄の「整備効果」やこれらを踏まえた「費用対効果」、市民アンケート調査など、総合的な調査・検討を行ってきた。

この結果、「天神南駅〜博多駅」ルートについて、早期実現に向けた取組みを進めることとなり、また、それ以外の2ルートについては、長期的視点に立った検討を行うことになった。

着工への取組

2011年度より事業化に向けた取組を開始し、2012年6月には、国土交通大臣より、延伸区間鉄道経営を行うために必要となる「鉄道事業許可」を受けるとともに、2013年4月には、延伸区間鉄道施設のうち土木構造物等に関する施設について、国土交通大臣から「工事施行認可」を受けた。

そして、早期開業へ向けて、2014年度に想定していた着工を前倒しして、2013年12月に博多駅(仮)工区の土木本体工事契約を締結し、2014年2月に着工、残る2工区についても2014年3月に工事契約を締結した。

延伸概要

延伸区間
天神南駅博多駅(仮称)(中間駅*1を1駅設置)
建設キロ
約1.4km(営業キロ 約1.6km)
建設費
約450億円


リスト::鉄道路線

*1祇園町西交差点付近