福岡市地下鉄箱崎線

福岡市地下鉄箱崎線

(地理)
ふくおかしちかてつはこざきせん

福岡市交通局が運行する地下鉄路線(2号線)。中洲川端駅〜貝塚駅間 4.7km。
一部の列車は空港線西新駅方面へ直通運転している。また、貝塚駅西日本鉄道貝塚線と接続する(直通運転構想についても長らく話題に上っている)。
駅名に「馬出九大病院前駅」など無理やり作った感の否めないものが多いのが特徴で、開業時に物議をかもした。

駅・接続路線

駅番号 駅名 よみ
“えき”は略
接続路線
H01・K09 中洲川端駅 なかすかわばた 七隈線
H02 呉服町駅 ごふくまち
H03 千代県庁口駅 ちよけんちょうぐち
H04 馬出九大病院前駅 まいだしきゅうだいびょういんまえ
H05 箱崎宮前駅 はこざきみやまえ
H06 箱崎九大前駅 はこざききゅうだいまえ
H07 貝塚駅 かいづか 西鉄貝塚線

歴史

  • 1973年12月22日、福岡市議会が「福岡市が高速鉄道を建設し、経営する」を議決(1号線 姪浜〜博多 9.8km、2号線 中洲川端〜貝塚4.7km)
  • 1982年4月20日、中洲川端−呉服町間開業。
  • 1984年1月20日、ワンマン運転開始。
  • 1984年4月27日、呉服町−馬出九大病院前間延伸。
  • 1986年1月31日、馬出九大病院前−箱崎九大前間延伸。
  • 1986年11月12日、箱崎九大前−貝塚間延伸、西鉄宮地岳線(現・貝塚線)接続。


リスト::鉄道路線

新着ブログ: 福岡市地下鉄箱崎線