スマートフォン用の表示で見る

福山レールエクスプレス

一般

福山レールエクスプレス

ふくやまれーるえくすぷれす

福山レールエクスプレス号は、日本貨物鉄道JR貨物)が2013年3月25日より運転を開始した、東海道本線直行貨物列車の愛称のひとつである。

この列車は福山通運株式会社と提携して実現した専用の直行貨物列車で、東京貨物ターミナル駅吹田貨物ターミナル駅間を毎日1往復運行し、上下合わせて大型トラック80台分の貨物を輸送することができる。

列車編成

1列車あたり 機関車+コキ100系コンテナ貨車×20両

輸送量

1列車あたり 31ftコンテナ×40個(1往復で合計80個)

運転日数

年間300日

輸送品目

福山通運株式会社取扱いの積み合せ貨物