スマートフォン用の表示で見る

福田一

社会

福田一

ふくだはじめ

政治家、元衆議院議員、第62代衆議院議長

1902年4月1日、生まれ。1997年9月2日、死去。

さらに詳しい略歴

東京帝国大学(東京大学)卒業後、同盟通信記者を経て、1949年衆議院議員に。1955年に落選したため、その年の自民党結党に参加できなかったが、58年政界復帰。自治大臣法務大臣を歴任。80年に衆議院議長に就任した。地元が福井県武生市であったが、この当時、中選挙区制だったため、福井県選挙区は全域であった。しかし、福田は、北陸新幹線・南越(武生)誘導に力を注いだことで知られている。80才過ぎてもなお現役の国会議員であったが、90年の総選挙を機に引退。このとき、87才と引退した議員の中では最高齢であった。ちなみに地元では「ピンさん」の愛称で親しまれた。