スマートフォン用の表示で見る

福田正夫

読書

福田正夫

ふくだまさお

詩人小説家。1893−1952

神奈川県出身叙事詩少女小説などを多く書いた。

著書

  • 農民の言葉 福田正夫詩集』南郊堂 1916
  • 『哀楽児 詩劇集』聚英閣 1920
  • 『未墾地 長編小説』聚英閣 1920
  • 『世界の魂 詩集』一歩堂 1921
  • 『海に鳴る鐘 新童話集』民文社 1922
  • 『高原の処女 長編叙事詩新潮社 1922
  • 『恋の彷徨者 長篇叙事詩新潮社 1923
  • 『海の瞳 抒情小曲集』新詩壇社 1924
  • 『耕人の手』新潮社 現代詩人叢書 1924
  • 曠野の花 抒情詩劇』新詩壇社 1924
  • 『嘆きの孔雀 長篇叙事詩新潮社 1924
  • 『輝ける薔薇 長篇叙事詩新潮社 1925
  • 『死の子守唄 長篇散文詩』聚芳閣 1925
  • 『死の島の美女 幻想詩劇』新潮社 1925
  • 『情熱の翼 長篇散文詩』聚芳閣 1925
  • 『夢見草 抒情小曲集』交蘭社 1925
  • 『薊の花』交蘭社 1926
  • 『幻の麗人 長篇叙事詩新潮社 1926
  • 『破れ胡蝶 長篇叙事詩新潮社 1926
  • 『空翔ける美女 長篇叙事詩新潮社 1927
  • 光の翼 長篇小説』福田正夫詩集刊行会 1928
  • 『福田正夫詩集』第1至5輯.福田正夫詩集刊行会 1927−28
  • 『荊の門 外四篇』平凡社 令女文学全集 1929
  • 『鴎 叙事詩・詩劇』資文堂書店 昭和文庫 1929
  • 『土の聖者尊徳伝』東江堂 1938
  • 『土の文学 聖尊徳道歌解説』東江堂 1938
  • 『小学国語読本詩の新しい味ひ方 前期用』育英書院 1939
  • 『海への憧憬 少年小説』淡海堂 1940
  • 白薔薇の唄 純情小説』新泉社 1940
  • 『南の国へ 少年小説』安本永絵 淡海堂出版部 1940
  • 『路傍の花 純情小説』新泉社 1940
  • 自由詩講座 徹底自由詩への道』資文堂書店 1929
  • 『皇農二宮尊徳』三杏書院 1942
  • 『南国の村』牧書房 1942
  • 『光の種子』奥川書房 1943
  • 『月の凍蝶 長篇叙事詩』一聯社 1946
  • 『暴風雨の虹』一聯社 1946
  • 『乙女星座 少女小説ポプラ社 1949
  • 『絹糸草』渡辺郁子絵 ポプラ社 1949
  • 農民の言葉 福田正夫詩集』教育出版センター 1984
  • 『福田正夫抒情小曲詩集三部作』福田美鈴編 教育出版センター 1984
  • 『福田正夫全詩集』教育出版センター 1984
  • 『星の輝く海』福田達夫絵 教育出版センター 1984.6.ジュニア・ポエム双書
  • 冬木立 句集』福田正夫詩の会 1993

共編著

翻訳

参考書

  • 『追想・福田正夫 詩と生涯』福田正夫詩の会編 教育出版センター 1984
  • 『資料・福田正夫 人間と芸術』福田正夫詩の会編 教育出版センター 1985