福田内閣

社会

福田内閣

ふくだないかく

福田赳夫内閣

第67代内閣総理大臣に指名された自由民主党福田赳夫衆議院議員が首班の内閣

三木内閣総辞職を受け、1976年12月24日に発足。一度の改造(1977年11月28日)を経て、1978年12月7日総辞職。後継政権大平正芳内閣(第1次)。

福田康夫内閣

第91代内閣総理大臣に指名された自由民主党福田康夫衆議院議員が首班の内閣自由民主党公明党の連立内閣である。

安倍内閣総辞職を受け、2007年9月26日に発足。一度の改造(2008年8月2日)を経て、2008年9月24日総辞職。後継政権麻生太郎内閣麻生内閣)。

内閣総理大臣福田康夫は、前述の赳夫元首相の長男で日本憲政史上初の親子世襲内閣となった。いずれも東南アジアとの連携を取る目的で福田ドクトリンを設けていた。中道色を前面に推し出していると評するものも多い。