福島第一原発 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

サイエンス

福島第一原子力発電所

ふくしまだいいちげんしりょくはつでんしょ

東京電力が運営する、原子力発電所福島県双葉郡大熊町および双葉町にある。

沸騰水型軽水炉、1号機〜4号機(大熊町)、5〜6号機(双葉町)が設置されている1971年、1号機の営業運転を開始。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により損傷し、原子力緊急事態が宣言された。

福島第一原子力発電所事故

概要

福島第一原子力発電所(ふくしま だいいち げんしりょくはつでんしょ)は、日本の原子力発電所の一つ。略称は1F(いちエフ)。英語名は "Fukushima Daiichi Nuclear Power Station"

全ての原子炉米国ゼネラル・エレクトリック社 (GE) によって設計された。原子炉形式は沸騰水型軽水炉で、7号機からは改良型沸騰水型軽水炉?を予定。製造会社は下記参照。全ての施工工事は鹿島建設によって行われた。

原子炉

形式運転開始出力メーカー備考
1号機BWR-31971年昭和46年3月26日46.0万キロワットゼネラル・エレクトリック (GE)
2号機BWR-41974年昭和49年7月18日78.4万キロワットゼネラル・エレクトリック (GE)
3号機BWR-41976年昭和51年3月27日78.4万キロワット東芝
4号機BWR-41978年昭和53年10月12日78.4万キロワット日立製作所
5号機BWR-51978年昭和53年4月18日78.4万キロワット東芝
6号機BWR-51979年昭和54年10月24日110万キロワットゼネラル・エレクトリック (GE)
7号機ABWR?2013年平成25年)10月予定138万キロワット計画中
8号機ABWR?2014年(平成26年?)10月予定138万キロワット計画中