福島敦子

キーワードの候補

2件

アニメ

福島敦子

ふくしまあつこ

 大阪府出身。アニメーターイラストレーターキャラクターデザイナー。嵯峨美術短期大学卒業後、デザイン会社を経て、マッドハウス入社。その後、あんなぷる設立とともに同社へ移り、『あしたのジョー2』『スペースコブラ』等で活躍した後、フリーとなる。代表作に『金の鳥』や『Manie―Manie 迷宮物語』「ラビリンス*ラビリントス」がある。現在はアニメーションの現場を離れ、『ポポロクロイス物語』シリーズのキャラクターデザイナーや、イラストレーターとしての活動がメインとなっている。


=作品経歴=

1980年 劇場『まことちゃん』(原画)

1980年 TV『あしたのジョー2』(原画)

1981年 劇場『あしたのジョー2』(原画)

1982年 劇場『コブラ』(作画)

TV『スペースコブラ』(原画)

1983年 劇場『ゴルゴ13』(原画)

TV『未来警察ウラシマン』(原画)

1984年 劇場『SF新世紀 レンズマン』(原画)

1985年 劇場『カムイの剣』(原画)

1987年 劇場『グリム童話 金の鳥』(画面構成[共同]・原画)※制作は1984年

劇場『ほえろブンブン』(原画)

劇場『Manie―Manie 迷宮物語』「ラビリンス*ラビリントス」(キャラクターデザイン作画監督・原画)

OVA『ロボットカーニバル』「オープニング」「エンディング」(キャラクターデザイン・原画)

劇場『ルパン三世 風魔一族の陰謀』(原画)

1988年 劇場『AKIRA』(原画)

1989年 劇場『魔女の宅急便』(原画)

1991年 劇場『とべ!くじらのピーク』(原画)

1993年 OVA『アニメアート・ビデオ・コレクション 童話』「ジャックと豆の木」(絵コンテキャラクターデザイン作画監督

1995年 「さよならの日から(松村 美樹子著)」(イラスト)

劇場『MEMORIES』「EPISODE 1 MAGNETIC ROSE 彼女の想いで」(原画)

ビデオクリップ『EXTRA』(原画)

1996年 ゲーム『ポポロクロイス物語』(キャラクターデザイン、イメージイラストレーション

デモンストレーション用映像『トビラを開けて』(原画)

1998年 TV『ポポロクロイス物語』(キャラクター原案

ゲーム『ポポローグ』(キャラクターデザイン

「少年アキラ(ゆうきえみ著)」(イラスト)

2000年 ゲーム『ポポロクロイス物語II』(キャラクターデザイン


(WEBアニメスタイル http://www.style.fm/ 掲載の経歴を転載させていただきました)



テレビ

福島敦子

ふくしまあつこ

アナウンサー

1962年1月17日生まれ。

津田塾大学卒業後、日本航空客室乗務員を経てCBC入社。後にNHKへ移り現在はフリー。

TBSアナウンサーイチロー夫人である福島弓子実妹

近年は、テレビ東京での経済番組「ビジネス維新」や 「ミームの冒険〜日本経済DNAを探る〜」などのキャスターや、週刊誌サンデー毎日』で「福島敦子のトップに聞く」を担当し、250人に及ぶ企業トップとの連載対談やビジネス情報誌『SHANIMU(シャニム)』でのアントレプレナー対談など、数多くの企業、経営者への取材を精力的に行っている。

経済の他、コミュニケーション、環境、地域再生農業など現代社会の問題をテーマにした講演やフォーラムでも活躍。

1997年には、(社) 日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザーの資格を取得。

ワインや食の魅力を伝える活動にも取り組んでいる。

著書には、最新刊の「愛が企業を繁栄させる−ビジョナリーな経営者の共通原理」をはじめ、「それでもあきらめない経営」、「ききわけの悪い経営者が成功する」、「就職・無職転職」、「美味の誘惑」、「これが美味しい!世界のワイン」などがある。

リスト::アナウンサー

ヤマダ電機店頭連動型マガジンにおいて、アントレプレナー対談を行っている。