スマートフォン用の表示で見る

福本清三

一般

福本清三

ふくもとせいぞう

俳優。本名は橋本清三。1943年2月3日生。兵庫県出身。B型

15歳で東映京都撮影所入社して以来、脇役として数多くの映画・テレビドラマに出演。

20代後半からは斬られ役一筋になり、東映やその他の会社で制作するほとんどの時代劇に出演し、現在に至る。

一瞬だけしか画面に映らず、名前もクレジットされない「その他大勢」にも関わらず、目つきが鋭く彫りの深い顔と、斬られるときのパフォーマンスが見るものにインパクトを与え、その独特の存在感から時代劇ファンの間で次第に話題となり、探偵!ナイトスクープ徹子の部屋などに出演し、ファン以外にも知名度を広げ、現在では彼のファンサイトまで出来ているほどの人気ぶりだ。

2001年、彼の自伝である『どこかで誰かが見ていてくれる ―日本一の斬られ役・福本清三―』を出版。40年間斬られ役一筋の生き方に、時代劇ファンのみならず一般の人も巻き込んで話題となる。

2002年、トム・クルーズ製作・主演のハリウッド映画「The Last Samuraiラスト サムライ)」のキャストに大抜擢される。

2003年、東映を定年退職。しかし、東映には籍を置き、役者を続けていくことになる。

ファンの間からは「福ちゃん」「福本先生*1」と呼ばれ愛されている。

2014年、「太秦ライムライト」で初の主演を務める。

著書

*1:時代劇で用心棒の浪人役を多く演じるため