複雑適応系

サイエンス

複雑適応系

ふくざつてきおうけい

生物の情報処理の仕組みをモデル化したもの。複雑系が生物の生命性を研究しようとしていることに対し、複雑適応系は生命性を排除し、情報処理の側面だけを研究する。そのため、コンピューター上で扱いやすい。

サンタフェ研究所のメインテーマとなっており、マレー・ゲルマンとジョン・ホランドが中心となって研究がなされている。