仏法真理

一般

仏法真理

ぶっぽうしんり

仏法真理(ぶっぽうしんり)とは、仏の心、仏の掟(おきて)、仏の生命の流転(るてん)する姿です。そしてまた、人類の過去、現在、未来をおりなす一本の黄金の糸のことを意味します。”

以上、『太陽の法』――エル・カンターレへの道 大川隆法著(幸福の科学出版刊)より抜粋させていただきました。


宗教法人幸福の科学」の用語で、同教団の教義を意味する。同教団では大川隆法氏を仏陀であるとしているため。