仏滅紀元

一般

仏滅紀元

ぶつめつきげん

仏教開祖である釈迦が死んだ年を元年とする紀年法。「仏暦」とも言う。タイやカンボジアなどの東南アジア仏教徒の多い国などで用いられている。

ミャンマースリランカでは、釈迦が入滅したその年の紀元前544年を仏滅紀元年している。しかし、タイ、カンボジアラオスでは、釈迦が入滅した翌年の紀元前543年を仏滅紀元元年としている。