焚書坑儒

一般

焚書坑儒

ふんしょこうじゅ

書物を焼き、儒者(学者)を生き埋めにする行為。

秦の始皇帝など、中国の歴代の支配者がしばしば行なっていた、言論統制言論弾圧の方法。

転じて、言論・学問・思想等の弾圧を表現するものとして用いられる。