スマートフォン用の表示で見る

文華秀麗集

読書

文華秀麗集

ぶんかしゅうれいしゅう

文華秀麗集。ぶんかしゅうれいしゅう、ぶんくわしうれいしふとも読む。

日本第二の勅撰漢詩集、三巻。

嵯峨天皇の命により藤原冬嗣および仲雄王・菅原清公・勇山文継・滋野貞主らが撰。818年成立。

嵯峨天皇・巨勢識人ら作者廿八人で百四十八編の詩を収める。

その中に、姫大伴氏という歌人がいて、文献上に採取された最初の女流詩人である。