文献学

一般

文献学

ぶんけんがく

(英語:philology、独語:Philologie、ギリシャ語:philologia)

文献をあつかう学問。文献の真偽の考証・本文の確定・解釈などを行い、民族や文化を歴史的に研究する学問。「書誌学」とテキスト・クリティックを主とするも、中国で云う「目録学?」などの意味として用いられることがある。一般には、ルネサンス以降のヨーロッパに生まれた文献による古典古代の研究をさし、ドイツの古典学者A.ベックの《文献学の総覧と方法論》(1877)にいう「人間精神によって生産されたもの、すなわち認識されたものを認識すること」という定義がされる。