スマートフォン用の表示で見る

文字参照

ウェブ

文字参照

もじさんしょう

HTML特殊文字を記述するための符号。

ISO/IEC 10646Unicode)の文字コード位置を指定する方法(数値文字参照)と、DTDで宣言された名前で指定する方法(文字実体参照)がある。

「<」「>」「"」「'」はHTMLXMLを記述する際に使用する記号のため、web上で表示するにはエラー回避のためにそれぞれ「&lt;」「&gt;」「&quot;」「&#39;」と文字参照で記述することが推奨されている*1

ブラウザのバージョンによって「è(アクセント付きのe)」「ë(ウムラウト付きのe)」「®(登録商標マーク)」「Δ(ギリシャ文字デルタ)」「√(数学のルート記号)」「♥(ハート)」といった文字の表記が可能。

また、XMLでは数値文字参照については HTML4 と同様に利用できるが、文字実体参照(に相当する実体参照)はあらかじめ決められている「&lt;」「&gt;」「&amp;」「&quot;」「&apos;」のみである。このため、自分で定義するあるいは定義したファイルを文書内で読み込まない限り、HTMLで定義されているような© (&copy;)などのシンボルをそのまま使うとエラーとなってしまう。

i-mode絵文字は文字参照でも記述できる*2が、i-modeは絵文字および「<」「>」「"」「'」以外の文字参照には未対応。

最近のブラウザでは「内田(間)」や「澁澤龍(彦)」といったJIS第3・第4水準の文字もUnicodeに配置されていれば文字参照を用いることで表示が可能。

ただし、携帯など未対応ブラウザからのアクセスを考慮すると現状での多用は避けるべき。正字を示す程度に留めるのが妥当だろう。

参照

人力検索はてなより

♫♬  ゎ ♡→ܫ←♡ ってどうやって入力するんですか??
http://q.hatena.ne.jp/1142839814

*1文字参照「&」を使用するため、必然的に「&」も「&amp;」と記述

*2:16進数の数値文字参照を推奨