文天祥

一般

文天祥

ぶんてんしょう

姓を文、名を天祥、字を履善。(1236-1283)

南宋末の文官弱冠二十にして科挙に合格し、丞相にまで至る。

元(モンゴル)の侵攻に対して抵抗するが投獄される。

牢獄の中で「正気歌」を書き上げ、征服者の元の世祖フビライすらを嘆ぜしめた。

フビライは最後まで彼を心服させようとしたが、牢獄の中で三年の間抵抗し、ついに彼を屈服出来ないと悟り、処刑された。