平井照敏

読書

平井照敏

ひらいしょうびん

(1931−2003)本名・てるとし。

昭和6年、東京生まれ。俳人

東京大学仏文科卒業。同大学院で比較文学専攻。詩人として活動を始める。

昭和40年ごろ短詩型に関心を抱き、俳句を作りはじめ、加藤楸邨に師事。「寒雷」に入会して、寒雷集賞受賞、同誌編集長になる。昭和49年、句集『猫町』を刊行、主宰誌「槇」を創刊、句作、評論活動に集中。

昭和64年、評論集『かな書きの詩』で俳人協会評論賞を受賞。青山学院女子短期大学名誉教授。

平成十五年九月十三日に逝去。