平群真鳥

社会

平群真鳥

へぐりのまとり

日本の古墳時代の人物。大和国出身。武内宿禰の孫。

雄略天皇の御世に大臣となった。その後、大伴金村により討伐され自殺した。また、「竹内文書」を書いた人物とされている。