スマートフォン用の表示で見る

平国香

社会

平国香

たいらのくにか

?〜死没 承平5年(935年)2月

日本の平安時代中期の武将。平高望の長男。

関東地方における桓武平氏の基盤を固めた。しかし、甥の平将門によって居館の石田館が焼かれ死亡した。