平時子

一般

平時子

たいらのときこ

平清盛の正妻で平宗盛平知盛平重衡建礼門院徳子らの母。平時忠、平親宗、滋子(建春門院)の姉。

清盛と共に出家し、別名二位尼(にいのあま)と呼ばれる*1。清盛没後は平家の実質上中心となってと一門を支えた。壇ノ浦の戦い平家軍が源氏軍に敗北を喫した際、建礼門院徳子の実子で孫にあたる幼い安徳天皇を抱き入水自殺した。

*1位階が従二位であったことによる。