平宗実

社会

平宗実

たいらのむねざね

安元元年(1175年)〜建久7年(1196年)

日本の平安時代末期の武士。重盛の子であったが藤原経宗の養子となり、その知行国の常陸土佐の受領となる。文治1年(1185年)平氏の滅亡ののちに捕らえられたものの藤原経宗の嘆願で罪を免れて重源のもとで出家東大寺を経て、高野山の蓮華谷に遁世し、生蓮坊と称した。しかし、建久7年(1196年)に平氏残党の伊賀知忠が京都守護の一条能保を襲おうとした事件で鎌倉に呼び出される途中に断食死した。