スマートフォン用の表示で見る

平宗盛

一般

平宗盛

たいらのむねもり

平清盛の三男。母は平時子内大臣

治承三年(1179)長兄重盛が、治承五年(1181)父清盛がそれぞれ亡くなると、一門の棟梁として反平家勢力討伐の指揮を執る。しかし寿永二年(1183)、木曽義仲が京に迫ると一門を率いて西国都落ち

その後、一ノ谷の戦い屋島の戦いで敗れ、壇ノ浦の戦いで自害できずにいるところを息子清宗とともに生捕りにされた。源義経によって鎌倉へ連行され、次いで源頼朝の命で京へ送還される途中の近江国篠原で処刑された。