スマートフォン用の表示で見る

平出隆

読書

平出隆

ひらいでたかし

平出隆(ひらいで・たかし)/詩人

1950年門司に生まれる。

詩集『胡桃の戦意のために』『家の緑閃光』『若い整骨師の肖像』

『左手日記例言』『平出隆詩集』、歌集『弔父百首』、評論集『破船のゆくえ』

『攻撃の切尖』『光の疑い』、エッセイ『白球礼讃』『ベースボールの詩学』がある。