平勝秀

社会

平勝秀

たいらのかつひで

日本の平安時代末期の武将。源平合戦で敗れ、信州に落ち延びたとされている。