平信兼

社会

平信兼

たいらののぶかね

日本の平安時代末期の武将。平盛兼の子。

桓武平氏大掾氏の一族伊勢国鈴鹿郡関を本拠としていた。