平親真

一般

平親真

たいらのちかざね

日本の平安時代末期から鎌倉時代初期の人物。織田神社(劔神社)の神主

織田氏津田氏の祖とされ、織田親真とも呼ばれる。また、平資盛の子とする説もある。