平成歌謡塾

テレビ

平成歌謡塾

へいせいかようじゅく

日本コロムビアの子会社であるコロムビアソングス・キングレコード日本クラウンが制作して一部民間放送で放送されていた、演歌・歌謡に特化した音楽番組。

作曲家市川昭介が塾長、女性演歌歌手が月替わりで司会という体制を長年取ってきたが、2006年9月に市川が逝去して以降は、作曲家の四方章人が塾長代理を務めていた。また、2004年からはアシスタントも導入、カラオケレッスンコーナー(後述)を担当していた。コロムビア・キング・クラウン所属の演歌・歌謡曲歌手がゲスト出演者の中心となっていた。まれに、3社に所属するフォーク・ポップス歌手やグループ、楽器奏者が出演することもあった。2010年9月をもって、900回以上、17年9か月に及んだ放送を終了した。10月以降は、当番組の内容をそのまま引き継いだ『新・平成歌謡塾』が、BS朝日で放送されている。